【夫婦W育休生活1カ月】幸せに感じることと不安に感じることは?

子育て

夫婦でともに育休を取り始めて1カ月が経ちました。

無事我が子の1カ月検診も終わり,体重の増加が十分でないものの,健康に問題はないようです。

さて,初めは意気揚々と始めた夫婦W育休生活ですが,1カ月経って心の変化はあったのか,報告していきます。

夫婦で二人とも育休取ろうか迷っている方はぜひご参考にしてください!

幸せに感じること

①妻と子どもとたくさん一緒にいられること

「結婚は墓場だ」などという言葉があります。

他にも「亭主,元気で留守が良い」など,結婚についてのネガティブな言葉は世間にあふれていますが,今のところ結婚,出産を経験して,良いことしかありません。

30歳を過ぎるまで時間がかかってしまいましたが,結婚して良かった!

新婚だからかもしれませんが。。。

とにかく愛する妻と娘の顔を四六時中見られて,本当に幸せです(*^^*)

ぜひこのような時間をたくさん持ちたいと思い,働き方も見直していきたいです。

②朝起きる時間や寝る時間が自由なこと

朝は大体9時ごろに目覚めて,夜は12時までには寝ています。

育休前は朝6時より前に起きて,ダルい体をたたき起こして仕事に行っていました。

仕事が立て込んでいるときは寝る時間も12時をまわることもありますし,あれやこれや気になって集中して眠れません。

睡眠が十分にとれるのは本当に幸せです!

③決められた仕事をしなくてよいこと

今,やらなければいけない仕事はないのですが,以下のことを毎日の生活の中でやっています。

・ブログ更新

・FP資格勉強

・読書

・転職活動

基本的に自分のタイミングで自分の好きなだけ無理なく進められるので,気持ちがとても楽です。

不安に感じること

①一日の中で自分がやろうと決めたことができないこと

上記のように,この育休中は人に決められた仕事はありませんが,自分でやろうと決めたことがあります。

しかしこれがなかなか進まない・・・。

4月から始めたFPの勉強ですが,全6章の内,現在終わったのは第1章のみ・・・。

来月末に資格試験本番があるのですが,これではちょっと大丈夫かいな?という感じ。

働いていたときは「時間さえあれば・・・」と思っていましたが,そういうもんでもなさそうです。

本当にやりたいこと,やろうと決めたことは何とか時間を作ってやる,というのが正しいのでしょうね。

②これから先のお金のこと

育児は思ったよりもお金がかかります!

ミルク代,おしりふき代,おむつ代,衣服代,お宮参り等のイベント代,内祝い代,病院代,etc…

計算はして育休中の1年間は何とかなるという予定ですが,収入がないので日々減っていく貯金に不安が募ります・・・。

1カ月経った今でも育児休業給付金が入らないので,なおさら不安が増します。

おそらく2カ月経った来月末に入金になるはず!

③これから先の仕事のこと

時間があると,1年後の仕事についていろいろ考えてしまいます。

復職するのか,しないのか。

復職するとして以前と同じ働き方ができるのか。

しないならどんな仕事を選ぶか,育児と両立出来て十分な給料をもらえる仕事はあるのか。

などなど・・・

 

著書『お金の大学』でおなじみのリベ大・両学長の影響も受けて,起業できないか、などともも考えます。

このブログを始めたのはそのためでもあります。

まとめ

不安なこともありますが,何より愛する妻の顔,かわいい娘の顔をずっと見つめられて幸せが大きいです(*^_^*)

三人で川の字で寝てるときが一番の幸せです!

1カ月経った結論としては,夫婦二人とものW育休はやはりおすすめです(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました